CASHMERE / SILK  SCARF   正規取扱店  MADE IN ITALY
【VINCENZO MIOZZA】

イタリアの”TIE&SCARF”の老舗ファクトリーブランド。。

卓越した技術と洗練された感性を反映した物作りで人気の高い<ヴィンセンツォ・ミオッツァ>
 

イタリアの老舗ファクトリーブランド”Vinecenzo Miozza”(ヴィンセンツォミオッツァ)から、スカーフ入荷のご案内です!


 


スカーフの産地として名高いイタリア・コモ湖周辺にファクトリーを構え、



毎シーズン遊び心溢れる新たな美しい柄のデザインがリリースされ、生産されるスカーフは、

 

スクリーン捺染することで色合いを豊かにし、細かな柄まで美しく染め上げられています。

 


 

イタリアメイドのこのスカーフの素材は、上質なCASHMERE&SILK !


暖かみのある柔らかな肌触りは、直接肌に触れるアイテムとしては、重要!

 

落ち着いたクラシック調の花柄の色合いは、 女性だけでなく、男性が巻きやすいのも魅力の一つ。

 

大きさも、使いやすい65センチの正方形で、首元だけでなく、ヘアバンドや、チーフ替わり等、色々利用できるアイテム!

 

 

毎シーズン、デザイナーが良質な素材選びから、美しい柄のデザインまで手がけ、

 

毎年新しく作る柄のスカーフは、世界中のファンを納得させる。。

 


BRAND CONCEPT

【 『SAINT JAMES L'ATELIER 』 】
1889年フランス北部はノルマンディー地方、SAINTJAMES市に創設されたSAINT JAMES(セントジェームス)。

現在のセントジェームスのシャツの原型となったのは、地元の漁師・船乗りたちの大切な仕事着であるマリンセーターを生み出したところから始まりました。

100年以上にも及ぶ伝統を守り続け、その流行に左右されない不朽のスタイルと高い品質は世界中の人々に愛されています。

フランス本社工場では上質な素材を厳選、伝統的な手法と近代的な管理システムのもとに製造され、常に一定の高い品質を保っています。

モン・サンミッシェルのロゴマークはその品質の証し、そしてトップブランドとしての誇りといえるのです。








HISTORY~

1889年 モン・サンミッシェルのあるノルマンディ地方で設立されたセントジェームス

20世紀に入ってからも事業は急成長し、社名も現在のトリコ・セントジェームス‘TRICOT SAINT JAMES’と改められました。

2005年1月、「伝統を正しく継承しフランスの精神を伝達する企業」として高く評価され社会へ貢献した優良企業に授与されるEDC優秀賞

“EDC ETHIQUE & GOUVERNANCE”を受賞。

2013年には、フランス国内の約1400社が認定を受けています。

2019年、記念すべき130回目のアニバーサリーを迎えました。

130周年を機に新ブランドロゴを発表、セントジェームスの歴史において重要な3つの要素を取り入れ、

これからのセントジェームスを創造するシンボリックなデザインが誕生。



ブランドポリシー
Né de la mer(ブランド発祥の地であり地元に根ざす精神を表すモン・サンミッシェル)

SAINTJAMESのブランドロゴには「Né de la mer」という言葉が添えられています。

フランス語で「海から生まれた」の意味のこの言葉は、

セントジェームスの製品が自然と共存するノルマンディーの海の暮らしから生まれました。

セントジェームスのブルーはノルマンディーの海の色、そしてロゴマークにはこの地の歴史的遺産であるモン・サンミッシェルがデザインされています。






ボディ: MAROON (エンジ)

花柄 : PINK・BLUE・YELLOW
素材 70% CASHMERE
30% SILK
生産国 ITALY
サイズ着丈身幅袖丈肩幅
T568cm52cm56cm49cm
※この商品は、未洗いの状態で、天然素材仕様、そして、100% COTTONを使用している為、
洗濯の方法にもよりますが、2~3cm程の縮みがあります。

(乾燥機使用を除く)